役との共通点ばかり探している役者は・・・


こんにちは。
演技力向上プロデューサーの並木です。

役へのアプローチは
多くの人が究めたい部分だと思いますが、
あなたはどのようにしていますか?

まず、台本をしっかりと読んで、
自分が共感できる点を見つける。

役の状況に同情できるポイントを見つける。

役の感情を考える。

どう表現するかを考える

これは多くの人がやりますよね。

でもそういった人の多くの悩みは

「何をやっても同じって言われるんですよ」

という評価です。

こういう悩みを抱えている人は
けっこういると思います。

これ、なぜだと思いますか?

よく考えてみるとわかりますね。

「自分との共通点だけ見つけて演技してるから」

つまり、
Aという役をやる時に
自分との共通点を見つけてその共通点を演じる。

また
Bという役をやる時ん
自分とBとの共通点を見つけて演じる。

結局、、、

自分ですよね。

役の変身になっていません。

実は
「何をやっても同じ演技」
と言われる人は共通点だけしか
目を向けていないことが多いのです。

本当の役へのアプローチは逆で
「自分と違う所」
どう自分のものにしていくか?

自分と役の違う所をどうやって
正当化していくかなんです。

共通点ではない!

自分と役の違う所を見つける!

実はここに秘密があったのです。

是非あなたもこの部分を意識してみてくださいね。

演技力向上ビデオ 無料ダウンロードプレゼント!

演技力向上の秘密をビデオレッスンで受けてみませんか?

全119分の演技力向上ビデオを今だけプレゼント中です。 今すぐ下記よりダウンロードしてください。


「いいね!」と思ったらシェアしてネ!

演技力向上の秘密をビデオレッスンで受けてみませんか?

全119分の演技力向上ビデオを今だけプレゼント中です。 今すぐ下記よりダウンロードしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です