役を深く理解するには?


今日は、役へのアプローチについて
大切なことをシェアしたいと思います。

【役を深める秘訣】

今日は非常に重要な話です。

役を立体的に理解して
より近づくために
非常に大事な考え方をお渡しします。

あなたが役をもらって、
アプローチする時、
「目に見える部分だけ」
を見ていませんか?

目に見えるセリフ、
ト書きから推測して
役の人物像、
関係性、
シチュエーションを
割り出していませんか?

もちろん、
それは大事な事なのですが、
その先には目を向けていますか?

つまり、
もっと深い部分です。

あなたは【役の魂】
について考えたことはありますか?

この「役の魂」というものに
フォーカスができるようになると
あなたの演技は一段と向上します。

なぜ役の魂について考えるのか?

それは「魂」が
何を学ぼうと思っているかに
フォーカスするためです。

この世の中はすべて
対称、コントラストで
できています。

陰と陽
男と女
光と影
幸福と不幸
戦争と平和
金持ちと貧乏
愛と憎しみ
etc

世の中はすべて
「対」があるから
その存在を体感できるのです。

「演技」というものに
真剣に向き合っていくと、
最終的にはこの「魂」
というものに行き着きます。

特に演技は人の人生に
とても深くかかわっているので
自然とそこに触れ合う
ことになるのです。

以前、オススメした本で
「神との対話」という本があります。


一昔前にブームになった本ですが、
読んでいない方は是非三部作を全部
読んでみてください。

非常にわかりやすいので
是非読んでみてください。

宗教的でオカルトチックな読み物ではなく
とても説得力のある普遍的な内容なので
是非おすすめです。

これを読むと
「役を生きる」ための
深い理解が得られます。

自分の役をやる際に
「良い性格の役」
「悪い性格の役」
「正義と悪」、など
いろいろあるでしょう。

どの役をやるにしろ
その「役の魂」が
何かを学ぼうとしている
という視点から見てみると

新しい発見ができるようになります。

表面的ではない
深い部分から役を観ることが
できるようになります。

「人の魂」は
コントラストの中で
何かを学ぶために
存在しているからです。

つまり、
光を認識するには
闇が必要です。

光しかない所では
光を認識できないのです。

それを考えていくと
悪いポジションの役も
単に悪一色ではないことに
気付くはずです。

例えば、
悪い役をやるにしても
生まれた時から
悪一色の人はいません。

育ってきた環境、人間関係、
教育、状況の中で
そうせざるを得なくなって
しまった人なのです。

では、もし「魂」が不滅で
今世で何かを学ぼうとしているなら
何を学ぼうとしているか?

どんなコントラストの中で
何を学ぼうとしているか?

そこに想いを馳せてみると
普段とは違うアプローチや
役の理解ができていきます。

そうすると、
どんな役をやるにしても
自分の役が愛おしくなります。

役者にとって
自分の役をどんな役でも
愛おしく想うことは必須です。

その為にも
もっと深い部分から
アプローチしてみてください。

ということで、
「神との対話」という本を
3部作全部読んでいない方は
是非読んでみて下さい。

役への見方が
大きく変わって
深くなるはずです。

もちろん!
信じるか信じないかは
あなた次第です。

ではまた!

 

演技力向上ビデオ 無料ダウンロードプレゼント!

演技力向上の秘密をビデオレッスンで受けてみませんか?

全119分の演技力向上ビデオを今だけプレゼント中です。 今すぐ下記よりダウンロードしてください。