あなたの人生を形作る2つの秘密


こんにちは。
演技力向上プロデューサーの並木です。
今日は

「あなたの人生を形作る2つの秘密」
についてお話します。

あなたの今の生活や人間関係、

仕事、収入、ライフスタイルは
あなたの最も望んだものでしょうか?

それとも
「いやいや、こんなはずじゃなかった」というものでしょうか?

それとも
「これはしょうがない。どうせ自分はこんなものだ」
と甘受してしまったものでしょうか?

これからあなたの人生が劇的に変化する
2つの秘密んついてお伝えします。

きっとこれを知ることで
今後のあなたの価値基準が変わってくることでしょう。

人生を形作っているもの。

それは「選択」と「質問」です。

今のあなたの人生、人間関係、収入、仕事、ライフスタイルは全て
あなた自身が選択したものなのです。

中には「いやいや、今の人生はこれしか選択する術がなかった」
という方もいるでしょう。

でも、そういう状況になる選択を
その前にしていたからそうなるのです。

例えば

「将来は海外で活躍できる俳優になりたかった」

でも、いまだに英語がしゃべれず
演技も評価されていないとしたら
それまでの選択と時間の使い方が
違っていたということになります。

「将来は医者になりたかった」

でも、医者になるほどの学力が
大学受験の時に全然なかった。

ということになれば
それまで医者になる為の勉強を本気でやる
という選択をしてこなかったから
そうなってしまうのです。

「将来は金持になりたいと思っていた」

でも今、お金持ちと程遠い生活をしているのであれば
それまでの選択がお金持ちになる為の具体的な選択ではなかった
ということです。

つまり、今のあなたの現状は
良きにつけ悪しきにつけ
すべて自分の選択の上に成り立っているのです。

意識的、無意識的に限らず。

でも、多くの人はここに気付いていません。

「自分の選択」よりも
「外側」に目を向けてしまいます。

「環境が悪かったから」

「親があれこれ口をだすから」

「お金がなかったから」

「時間がなかったから」

こういう人は一生こういう考えを持ち続けます。
「自分の選択が自分の人生を形作っている」
と言うことに気付かない限り
変わっていかないのです。

ですので是非あなたも
「自分の選択」という視点で
今の自分を見つめてみてはどうでしょうか?

そしてもう一つが「質問」です。

普段自分自身にどんな質問をしているか?

「諦めるための質問」

「否定するための質問」

「建設的な質問」

「改善するための質問」

質問にはたくさあります。

そしてどの質問を選ぶのかは
本人の選択なのです。

例えば目の前に大きなチャンスが表れたとします。
でも、本人がどんなふうに捉えて
自分自身に質問をするかによって全く変わってきます。

「そんなチャンスがあっても、どうせ自分にはムリ」とか

「そんなうまい話しはあるわけない。騙そうとしているんだろう」とか

「それは大きなチャンスだ!このチャンスに乗っかろう!なぜなら・・・・」

「なるほど、こういうチャンスがあるのか。じゃあ、じゃあこれと結び付けたらもっと面白くなるんじゃないか」とか・・・

一つの事に対して本人の捉え方次第で
全く違うものになるんですよね。

脳は「質問」したことに対して忠実に答えてくれます。
その情報を次々と引っ張り出してきてくれます。
そこに善悪の判断はありません。

否定的な質問をすれば
それを裏打ちする情報を頭の中から引っ張ってくるのです。

建設的な質問をすれば
その理由となるものを頭の中から引っ張ってきてくれます。

つまり自分への質問によって
選択が大きく変わってくるんですよね。

選択が変わるから行動が変わる。
行動が変わるから状況が変わる。
状況が変わるから人生も変わるのです。

あなたが今後どんな選択をするのか?

そしてその選択の際にどんな質問を
自分に投げかけるのか?

ここを意識してみると
より自分の人生を客観的に見つめ直すことができます。

今日はここまで。
次回もお楽しみに!!

演劇ワークショップがまもなく開講!!

 

★★★★★

こちらの【演技力UPチャンネル】で
見ていないビデオがあったら
是非見ておいてくださいね。


演技力UPチャンネル

また随時追加していきます♪

【あなたへプレゼント】

演技力向上無料講座プレゼント

演技上達の為の非常に大切なメソッドを無料でプレゼントしています。

期間限定なのでお早めにお受け取り下さい。

 

 

演技力向上ビデオ 無料ダウンロードプレゼント!

演技力向上の秘密をビデオレッスンで受けてみませんか?

全119分の演技力向上ビデオを今だけプレゼント中です。 今すぐ下記よりダウンロードしてください。